2018年03月11日

ガラス工房の1日

180310.jpg


だんだんと暖かくなって
随分春らしくなってきましたね。
汗っかきな僕はそろそろ着替えを常備しなければと
切に思います。


工房の仕事は朝一のミーティングからはじまります。
スタッフ6人の1日のスケジュールが決まります。


今日は午前中に注文のランプシェードを7個程作りました。
これからの季節、まだ気温が上がりきらない時間帯の制作はラッキーです。
出来上がった製品は明日の夕方に手に取れる温度まで下がります。


さて、7個中に出荷できるA品がいくつとれるでしょうか。
手ごたえとしては6個取れるかなというところですが、、
検品をするまで結果はわかりません。


たまに、「どれくらい(の時間)で出来るんですか?」と聞かれます。
コップだと1つ15分から20分くらいですが
そこから全てA品としてとれるようになるには
熟練の技術と集中力、原料の良し悪しなど、時間外の様々な要素が必要です。


午後はそんな検品を通ったランプシェードに、灯具の穴をあけたり
コップの傷をとったり、ぐらつきを直したりと製品の加工でした。
加工は単調な作業ですが「きれいに早く」をモットーに頑張っています。


写真は加工中に見える制作風景の一部でした。
熱くなった吹き竿を、水で冷ましています。




hama
posted by fresco staff at 14:15| fresco | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月02日

今日の食卓!

こんにちは。sugaです。
「器集め」が趣味の私ですが
家には100を優に超える食器があり、
最近の悩みは食器棚(なんと3台もあるんですが...)
に納まりきらないことです。笑

ガラス・陶器・木・金属など様々な食器を使い分けていますが、
もちろんfresco製品も愛用しています。
今日はそんな私がfresco製品
おすすめの使い方をご紹介したいと思います!

まずはfresco一番人気のkasumi plate
こちらは淡い色が特徴的で、本当に何にでも合います。
中でもpurpleとivoryはサラダをのせると野菜の緑が映えて
とってもおいしそうです。
切ってのせただけですが、それっぽい一品に!
(この日は生だこが安かったのでカルパッチョ風です)

photo_d.jpg

次はhibikiです。
hibikiは淵の年輪の様な模様が特徴なので、
そこを生かして真ん中に盛りつけるのがポイントです。
私はblackを持っているのでパンやケーキを食べるときに使います。
今朝はhibikiでフレンチトーストを食べました。
お砂糖をふると星みたいに見えるのも結構好きな所です。

photo_e.jpg

今回使用した製品はこちらです。
・kasumi plate Msize purple&ivory
 (solito glass new colors no10&17)
・hibiki Ssize black
 (kasumi bowl SSsize grey)

http://www.studio-fresco.com/img/glasscatalog_vol3.pdf


皆さまも是非お試し下さい^^

suga

posted by fresco staff at 09:00| fresco | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月23日

毎朝辛いこと。

最近初めて一人映画をしたスタッフのgoutaです。
帰るときには、次に見たいものを考えていました♪
一人もいいものですね!

さて、ここ数日で身の凍るような寒さも和らいできました。
やっとの気分です。
ただ、まだまだバイク通勤の僕からしたら
寒くて朝家から出たくない気分が続いています。

着込めば暖かくなるのですが、なんせ仕事は
吹きガラスです。作業のことを考えるとあまり中には着込めません。
なので、アウターを重ね着しているのですが、見た目が肥大化して
コンビニなどに寄った時は少し恥ずかしかったです。
けどもう慣れちゃいました!!

後、1ヶ月ほどは寒さに耐えることになりそうですが
その分春が来た時の嬉しさを堪能したいと思っています。


もう工房の周りでは、梅の蕾が出てきていました。

IMG_0866.JPG

gouta




posted by fresco staff at 09:31| fresco | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

ガラスの島へ!1

こんにちは。数年ぶりにブログを書きます。

私はfrescoスタッフでもよく旅に行くので
そんな旅のお話をします。

もう一年ほど前になりますが、イタリアへ行ってきました。
目的は美味しいごはん♪だけでなく、ガラス工芸が盛んな場所に行くこと。


まずは飛行機の乗り継ぎで、1日だけ大晦日の上海の町を散策です!

IMG_5091.JPG  

空港から町へはリニアモーターカーにも初めて乗ったのですが、
新幹線よりも高速で、目が回りました。

美味しい包子(パオツ=肉まん?)や上海ガニでおなかを満たしてから
今度はミラノへ向かいます。

IMG_5101.JPG

冬のミラノは霜つくほど寒く、
さっきまでのアジアとの景色の違いも刺激的です。

飛行機を降りるともう元旦でうっかり年を越していました 笑。


ミラノではかの有名なドゥオモに行きました。
新年のミサが厳かながらも生の演奏や歌で華やかに行われていて
なんだか良いスタートが迎えられました。

教会には立派なステンドグラスがたくさん入っていて、
日の傾きによって変化しながら建物の中に映し出される
鮮やかな色の光が本当に美しかったです。

FullSizeRender.jpg

もちろん外にはまだクリスマスマーケットの
沢山のワゴンが並んでいて、
ついついこういう所で買ってしまうのがこのバゲットです!

シンプルだけど美味しいです。

IMG_5199.JPG


そして、今度は電車にのって2時間半。

IMG_5201.JPG


水の都ヴェネチアへ到着です!

IMG_5210.JPG

駅前の景色がもうロマンチックですね。
続きはまた今度^^


ai
posted by fresco staff at 14:11| fresco | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月10日

プレゼント用の特別包装

吹きガラス体験では、ほとんどの方が
ご自身用の作品を作りにこられますが、
中には贈り物としての作品を制作される方もいらっしゃいます。
frescoでは、そんな方に向けた
「プレゼント包装」も承っています!

FullSizeR-1.jpg

プレゼント用の作品は専用のgift boxに入れてお渡します。
盖を開けると作品がすぐに見えるような包装にすることも可能ですので、
結婚式やお祝いのプレゼントにもおすすめです。

IMG_1169.jpg

手作りのプレゼントは、より気持ちが伝わりそうですね。
喜ばれること間違い無しです!!

また、FACTORY SHOPでご購入いただいた商品の
プレゼント包装もいたします。
箸置きなどの小さなアイテムは専用の桐箱をご用意しております。

プレゼント包装の価格は、
箱の大きさや包み方でそれぞれ異なりますので、
ご希望の方はスタッフまでお尋ね下さい。

=====

次回からブログのスタイルが変わります!
なんとスタッフ全員がブログ担当…!?
お楽しみに ^^

=====

gouta
posted by fresco staff at 17:07| fresco | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする