2015年07月08日

ガラスの色ってどうなっているの?

フレスコでは透明なガラスのみを熔かしていますが、
色とりどりな製品を展開しております。

一体色とはどうやって付いているのでしょう?

ここでは透明のガラスをベースに
周りに色をくっつけています。

色ガラスの形、細かさにも種類があります。
棒状の塊が「ロッド」
粒状の「フリット」
粉状の「パウダー」

IMG_2013.JPG

この写真の色は全て同じ色なんですよ〜。
フレスコではこの三種類を使い分けています。

同じ色でもロッドかパウダーかでは
吹いた仕上がりは少し変わってきます。

IMG_1996.JPG

更には色が内側に付いているか、外側に付いているかでも
雰囲気が変わってくるのです!
その差を楽しめるのがこの「hashioki」。

IMG_1994.JPG

外側に付いていると質感もまた違ってくるので
面白いですよ〜

フレスコ製品をご覧頂く際には
どんな色ガラスが付いているのか、
ぜひイメージしてみて下さいね。

ショウルームではスタッフがお答えしますので
色々お尋ねください^ ^


nene


posted by fresco staff at 08:46| Comment(0) | プロダクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。