2018年06月01日

サトウキビ畑

サトウキビ畑に囲まれた工房からやって参りました、研修生の綿舎です。 
はじめまして!
ガラスの専門的な学校には進学していないのですが、
沖縄の読谷村にあるガラス工房で2年ほど働いていました。

image1.jpeg

工房から歩いて1分でビーチに行けました。
沖縄の工房は、基本的には型吹きで
紙リンやマーバーではなく鉄リンを使っていました。
紙リンなどを使うのも初めてで、fresco流の吹き方が
出来るように日々励んでいます。
現在は、奈良にある実家から車で
1時間ほどかけて通勤しています。
7月からサマータイムが始まり朝が起きが
より早くなるので寝坊しないように頑張ろうと思っている今日この頃です。

さて、僕がfrescoに来て心動かされたモノがあります。
その名は、1.9mです。

s-image1.jpg

昨年12月にインターンシップでfrescoに来た際、
初めて実物を見たのですがひときわ存在感を感じました。
色、形、どのように作っているんだろうと
すごく興味が湧いたことを鮮明に覚えています。
インターンの期間中に、制作のアシストをやらせてもらい
実際に制作するところを見て、携わる事ができ、
すごくテンションがあがりました。
沖縄に帰り挑戦してみましたが案の定全くできませんでした。笑

image1.jpeg

僕が制作できるようになるにはまだまだ長い道になりますが、
自分と同じように人の心を動かせるような制作ができるように
頑張っていきたいと思っています。

wataya



posted by fresco staff at 10:20| fresco | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする